記事一覧

西の善き魔女

2007.12.27

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpg

 ぱらアニで『西の善き魔女』の配信が始まってたので、一発。主人公のフィリエル(左)とユーシスの舞踏会シーン。
 すんません、小説もアニメも見てないのでホントに詳しく知らないです。タイトルに魔女なんて付いてるけど、1話の前半を見る限りそんなの出てこないぞ???

金色のコルダ

2007.12.24

ファイル 22-1.jpgファイル 22-2.jpg

 金色のコルダより、主人公の日野香穂子。絵柄的には完全に少女マンガなので、エロとか萌えとか男に媚びた感じはまったくありません。
 いや、視聴者の男性に媚びてないのは当然だけど、登場する男性キャラにもあまり媚びたところを見せないのは立派。リアルな人間としては無個性なタイプですが、アニメのキャラとしてはかえって珍しい気がします。

スカイガールズ

2007.12.21

ファイル 21-1.jpgファイル 21-2.gif

 スカイガールズ8話より。さりげなく名シーン。
 特にこのシーンに注目を引く要素があるわけではありませんが、スカイガールズの世界設定を考えると、速水たくみ(画面左の男の子)のセリフには重みがあります。
 作中では10年前に世界的規模のワームとの大戦があったことになっています。つまり15~16歳である主人公達は5~6歳の頃に戦争を体験した世代です。
 そこから推察するに、たくみの言っている「母の作った料理を食べて喜ぶ人たち」とはおそらく、現在ではなく終戦直後のことを言っているのだと思われます。
 戦争の被害を被った人々が母の料理を食べて元気を取り戻す様子を見て、当時のたくみ少年は幼心に感動したのでしょう。

 もちろん単なる深読みかもしれませんが(笑)

金色のコルダ

2007.12.17

ファイル 20-1.jpgファイル 20-2.jpg

 ちょっと変わった作品、ということで『金色のコルダ』より月森蓮。
コーエーのネオロマンスシリーズ三作目、ということで女性向けのゲームが元になってるアニメですが、意外と(?)男でも楽しめる作品です。ゲームはどうか知らないけど。
 主人公の日野香穂子は音楽に関してはズブの素人。ところがたまたま魔法のバイオリンと出会ったことで、学内コンクールに参加することに……というのがおおまかなストーリー。
 てなわけで男性キャラは基本的に「コンクールの参加者」=「ライバル」という立場で登場します。そこがベタベタしてなくて、男でもすんなり入っていける作品になってるんだと思います。

スカイガールズ

2007.12.14

ファイル 19-1.jpgファイル 19-2.gif

スカイガールズ7話より、最新鋭機ビックバイパーの勇姿。ビックバイパーってあんた。確かに『グラディウス』もコナミの作品だけどさw
一発ネタかと思ったら本気でストーリーにからんでくるから驚き。機首が先割れになってるとことか、実にビックバイパー。

おジャ魔女どれみ

2007.12.10

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpg

前回に引き続き、どれみの13話より。
「ホウキを乗りこなすとかなら簡単じゃん!」と勇んで魔女試験に臨んだどれみたちを待っていたのは一番ニガテな筆記試験であった(笑)
まあ約一名、そっちの方が得意な子がいるんだけど。

おジャ魔女どれみ

2007.12.07

ファイル 17-1.jpgファイル 17-2.jpg

おジャ魔女どれみより、春風どれみ……って、なんでこんな絵を選ぶかね(笑)
これは13話、魔女の進級試験を控えて神経質になってるどれみ。この崩れっぷりがどれみの真骨頂。

スカイガールズ

2007.12.03

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.gif

またかよってことでスカイガールズです。だって毎週更新されるんだもん。唯一(?)の巨乳キャラ、七恵さん。
コンスタントに更新されると読んでる方も嬉しいですな。

名探偵ホームズ

2007.11.27

ファイル 15-1.jpgファイル 15-2.gif

ホームズのライバル、モリアーティ教授。
典型的な悪の発明家なんだけど、どこが教授なのか子供の頃さっぱりわからなかったですw だって、見た目博士って感じでもないしー。

名探偵ホームズ

2007.11.27

ファイル 14-1.jpgファイル 14-2.gif

よく考えたらタイトル画面を載せてなかったな、というわけで『名探偵ホームズ』のタイトル。懐かしー。

ページ移動